【最新刊】脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体
1冊

著:中野信子

779円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

セックス、ギャンブル、アルコール、オンラインゲーム--人間はなぜ、これらをやめることができないのか。それは中脳から放出される“脳内麻薬”ドーパミンが「快感」を司る脳の各部位を巧みに刺激しているからである。コカインや覚醒剤はこの脳内回路「報酬系」を誤動作させて過剰な快楽を与え、依存症を招くものだ。だがこのドーパミンは他人に褒められたり、難易度の高い目標を達成するなど、「真っ当な喜び」を感じる時にも大量に放出されている。なぜ人間の脳はこんなしくみになっているのか。話題の美人脳科学者が人体の深遠なる謎に迫る。

続きを読む

レビュー

3.3
60
5
7
4
15
3
32
2
6
1
0
レビュー投稿
  • 2019/05/18Posted by ブクログ

    依存症から抜け出せない理由は、本人の弱さだけではなくて脳の働きによるものだと知った。怖いな。

    ・コカコーラの「コカ」はコカインから(かつて微量ながら含まれていた)
    ・アルコールの作用は抑制作用
    ①発...

    続きを読む
  • 2019/04/20Posted by ブクログ

    脳内物質について、ドーパミンについて細かく脳のどの部分から分泌されているかなど細かく記載されていて、かつ読みやすくまとめられていた

  • ネタバレ
    2018/12/24Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
もっと見る

セーフモード