【最新刊】いいなりお色気スイッチ

いいなりお色気スイッチ

ヨシザワ

154円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「脱げ!」「問題ない、俺の方が色気がある」メイク科の美しい俺サマ男子・つかさとルームシェアする事になってしまったデザイン科のちひろ。ズボラで色気もないちひろに暴言を吐くつかさだったが、ちひろの素直な態度を見てセンス向上の指導をすることに。ズボラ女子・ちひろにほどこされる“お色気”のスパルタご指導とは…? 【桃色日記】※「あいして、スキして桃色日記 鬼畜なカレの攻め方」と重複しています。ご購入の際はご注意ください。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

ページ数
33ページ
提供開始日
2014/05/09
連載誌/レーベル
ソルマーレ編集室
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

2.5
2
5
0
4
0
3
1
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2014/06/18Posted by ブクログ

     ずーっと不思議に思っていたのだ。
     「オネエことば」で話されることばは、普通の言葉よりも柔らかく聞こえる、と。

     2chという掲示板がある。そこは悪口雑言とまでは行かないのだけれど、おおむね荒れて...

    続きを読む
  • 2015/01/27Posted by ブクログ

     「おネエことば」のメディアにおける扱われ方を分析し、そこに現れる異性愛規範を読み解くもの。
     社会言語学というほど大層なものでもなく、ジェンダーを扱った社会学のひとつの論考という感じだが、あまり内容...

    続きを読む
  • 2017/09/10Posted by ブクログ

    2017.9.10市立図書館
    ざっと駆け足で読む。「おネエことば」=「女ことば」とはいえない。「男による女ことばの真似」というものでもない、もっと複雑で複合的なもの…さらに「おネエことば」と「(テレビ...

    続きを読む
開く

セーフモード