幻獣ムベンベを追え

高野秀行

555円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    太古の昔からコンゴ奥地の湖に棲息するという謎の怪獣・モケーレ・ムベンベ発見を賭け、赤道直下の密林に挑んだ早稲田大学探検部11人の勇猛果敢、荒唐無稽、前途多難なジャングル・サバイバル78日。子供の心を忘れないあなたに贈る、痛快ノンフィクション。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/01/31Posted by ブクログ

      辺境作家 高野秀行の処女作。早稲田大学探検部に所属していた高野さんが、コンゴ共和国(当時)のテレ湖に棲むという幻の生物「モケーレ・ムベンベ」を探しに行く顛末を描いた本。いないかもしれないという真っ当な...

      続きを読む
    • 2016/02/06Posted by ブクログ

      赤道直下のコンゴ共和国のテレ湖に巨大怪獣ムベンベが生息しているらしい。ネス湖のネッシー、ヒマラヤの雪男は聞いたことがあるが、ムベンベなんて知ってる日本人なんてほとんどいないだろう。

      著者の属する早稲...

      続きを読む
    • 2018/04/07Posted by ブクログ

      とにかく文章がうまい、読ませるなというのが第一印象。
      早稲田大学の探検部に所属時していた時の出版だが、
      平均的大学生の文章力を余裕で超えている。

      氏は、後に数多くの冒険モノを出版しているが、
      処女作...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000250507","price":"555"}]

    セーフモード