【最新刊】悪魔公爵と一輪のすみれ

悪魔公爵と一輪のすみれ

1冊

キャロル・モーティマー 翻訳:清水由貴子

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    不埒な生きざまから“社交界の★悪魔/デビル/”と呼ばれる公爵ルパートは、パーティの最中、レディがにやけた伊達男に襲われているところに出くわした。とっさに助けた彼は、女性がパンドラ・メイベリーと知り目をみはる。1年前、二人の男がパンドラを巡る決闘で命を落としたという。以来彼女は魔性の女と囁かれているのだ。それにしても……実に美しい。潤んだすみれ色の瞳は、悪評とは裏腹に汚れ一つなく見える。ルパートはその瞳を見つめるうちひらめいた。もしかしたらぼくの目下の悩みは解決するかもしれない――彼女を花嫁にすれば。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/04/10
    連載誌/レーベル
    MIRA文庫

    レビュー

    3.7
    4
    5
    0
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/05/17Posted by ブクログ

      ヒーローの押しの強さが良い!俺についてこい、まかせとけ ヒロインをぐいぐい引っ張る カッコイイ
      ヒロインは屋敷で働く人々に親切 こういう女主人のとこで働く人たちは幸せだ
      火傷ってそんなすぐ治るもんか?...

      続きを読む
    • 2015/06/28Posted by ブクログ

      シリーズものと知らずにあらすじ買いしたシリーズ2作目(籠の鳥)がおもしろかったので、こちらも。どちらも単体で楽しめるけど。期待通りの「守るべき人には誠実っていうヒーローと薄幸だけど芯は強くてピュアなヒ...

      続きを読む
    • 2014/05/19Posted by ブクログ

      何とも気恥ずかしいくらいクサい題名なので手に取るのをためらっていたのだが…。キャロル・モーティマーのヒストリカルが好きなので読んでみたら面白かった。一気に読めてラブラブなハッピーエンドで終わるお話。た...

      続きを読む
    開く

    セーフモード