【最新刊】夜は一緒に散歩しよ

夜は一緒に散歩しよ
1冊

著者:黒史郎

514円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

作家の横田卓郎は妻を亡くし、娘の千秋と二人で暮らしていた。妻の死後、千秋は奇妙な絵を描くようになる……。人ではない異形のものを。ある日をきっかけに「青い顔の女」ばかりを描くようになった千秋は、その絵を「ママ」と呼び、絵を描くことに執着する。そしてもうひとつ執着すること。それは、夜の散歩だった。第1回『幽』怪談文学賞大賞受賞作。解説は京極夏彦氏。

続きを読む

レビュー

3
7
5
0
4
2
3
3
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2017/06/16Posted by ブクログ

    著者初読み。妻を亡くした卓郎は、作家業を続けながら一人娘の千秋と暮らしていた。母を亡くして以降、奇妙な絵を描き続けるようになった千秋は、ある日顔の青い女の絵ばかりを描くようになり「ママ」と呼び始めた....

    続きを読む
  • 2017/01/26Posted by ブクログ

    とにかく不穏な空気が読んでいる途中から漂い祝山を読んだ時の様な不気味さ。けど、どんどんページをめくり先はどうなるんだろうと読み進めてしまった。最後のオチはどこかて見た様な感じだったけど途中の夢に出てき...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2015/09/11Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
もっと見る

セーフモード