ひとり百物語 怪談実話集

著者:立原透耶

463円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    引っ越しして最初に住んだCマンションは、感じの良くない場所であった。ある晩、何かがどっしりと自分の上に乗っかっている夢をみた。男の声が言った。「抵抗すると家に火をつけるぞ」飛び起きたが、むろんそこには誰もいなかった。幽霊談から奇妙な話、涙を誘うやさしい怪談など、著者の体験、家族、友人知人たちから蒐集した百の怪異譚。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/02/06Posted by ブクログ

      これともう一つの本と合わせて2冊、レビューが消えていたので入れ直す。
      呪いか?とか思うと嬉しくてニやついてしまう。

      別の本で伊藤三巳華さんに
      「これだけ憑かれやすくて迂闊な人を初めて見た。」
      と言わ...

      続きを読む
    • 2012/06/29Posted by ブクログ

      感想はブログでどうぞ
      http://takotakora.at.webry.info/201206/article_9.html

    セーフモード