ガガガ文庫 不戦無敵の影殺師5(イラスト完全版)

森田季節(著)/にぃと(イラスト)

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小手毬がいなくなったら、俺は―― 「異能力制限法」により異能力者はすべて社会から管理され、戦う機会が奪われた現代。 俺――冬川朱雀と相棒の少女・小手毬は無能力者との戦いが終わり、いつもどおりの生活に戻れると思った。しかしその矢先、小手毬が血を吐いて倒れた。そして意識を失い、俺の隣に眠っている。どうかこれを眠りだと、定義させてほしい。たとえ息をしていなくたって、眠りと言わせてほしい。ふとももに小手毬の重さを感じているから、よりそう思えるのかもしれない。小手毬の重さは意識がなくても変わらない。あいつの頭の重さが俺の脚を支配する。 どうして、お前の首元、こんなに冷たいんだよ――。 誰かを倒せば小手毬が目を覚ますのか?  ――そんな敵は存在していない。 最強を目指してあれだけ悩んで、戦って、傷ついた。 強くなった。なのに俺にはなにもできない。 俺が何をすれば、小手毬が戻ってくるんだよ!  ……誰か、教えてくれ――。  無能力者との戦いの末に、煌霊でも人間でもない状態に陥った小手毬。果たして彼女を救う手段は存在するのか――。予想外の展開をみせる異能力リアルアクション第5弾!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    続きを読む
    • 不戦無敵の影殺師 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      不戦無敵の影殺師 全 7 巻

      4,499円(税込)
      44pt獲得

    レビュー

    • 2016/10/13Posted by ブクログ

      この作品のリアリティは、主人公が抱える「この世の中には敵がいない」という影殺師のジレンマでしょうか。キャラノベなんて主人公の葛藤なしには成立しませんが、この主人公の朱雀君の葛藤はいちいち等身大で痛いほ...

      続きを読む
    • 2014/08/21Posted by ブクログ

      つまらなくはなかったけど、どうにもストーリーの流れがとっぴで登場人物の性格も場面場面でちぐはぐに感じる部分があって残念。物語のテーマが面白そうなだけに惜しいと思った。星二つ。

    [{"item_id":"A001550816","price":"649"}]

    セーフモード