金の靴 銀の魚

作:河井克夫 画:市川ラク

820円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    古今東西、多種多様、変幻自在、五里霧中……この美しくもバカバカしい、愛すべき「人生」よ。えんため大賞出身の気鋭女流漫画家・市川ラク、初の単行本は、役者・漫画家・ミュージシャン等々、マルチに活躍する異才・河井克夫を原作に迎えた、魅惑の短篇連作集!

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4
    8
    5
    3
    4
    2
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/06/03Posted by ブクログ

      金の靴銀の魚

      ひとつひとつまったくテイストの違う作品群。

      ナンセンスもの、ひやっとするもの、不条理、都市伝説?ストレートな恋物語やありふれた愛憎劇なんてなにひとつないし、納得いくおちばかりとはとて...

      続きを読む
    • 2012/08/21Posted by ブクログ

      まったく救いがない。こうなったら不幸だな、という方向に話が進んでいく。
      ブラックユーモア的な終わり方も多いし。
      「ボタンと穴」という作品を読み終えてから、しばらくぽかーんとしてしまった。

      こんな風に...

      続きを読む
    • 2012/06/09Posted by ブクログ

      感情線が環状線。フランス語だからわからない。靴屋の金魚。教訓めいたことを言わんとしてるのか、悪ふざけな内容。シュールな世界観と画がよく似合ってる

    開く

    セーフモード