慶子からの手紙

著:小山榮雅

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昭和5年(1930)11月下旬、太宰治は銀座のカフェ”ホリウッド”の17歳の女性と、鎌倉の小動岬の海岸で「心中」を計った。このとき相手の女性は死に、太宰治は生き残った。心中に使用したカルモチンの量は、致死量には達していない。もしかりに、致死量に達していなかったのは、太宰治の方だけであったとすれば、明らかに「殺人事件」が成立をするだろう。主人公、下条順三は、見知らぬ女性「岡田慶子」からの手紙に、翻ろうされつつ、その謎を追いつづける。「岡田慶子」とは誰か。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000249617","price":"880"}]

    セーフモード