若くない日々

著:藤堂志津子

477円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    52歳で突如結婚を思いたち、なじみの居酒屋でよく会う独り者に同居を持ちかける蓮子(「夢ふた夜」)。かつて歯牙にもかけなかった同僚にほだされる自分に戸惑う八千代(「フレンズ」)。人知れず抱えてきた女のプライド、処世で身についた妥協と諦念……。もう若くはない女たちの、やりきれないけど愛おしい日々のかけらを精緻に描く短編集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/10/05Posted by ブクログ

      涙が出そうになった。
      自由、孤独。
      独りでもひとりでなくてもいつも自分を苦しめるのは恋愛なのだと。

      他者に対する傍観や冷静さや同情も確かに存在する。
      しかしそのすぐ裏側には自身の苦い経験や忌々しい感...

      続きを読む
    • 2013/10/23Posted by ブクログ

      著者の本は初めて読みましたが…なんというか、若くない、そう40代~50代くらいの年齢の女性の心理をうまいこと表している、と思いました!

      特に独身の女性の…年々老いて行く自分を客観視するところとか、い...

      続きを読む
    • 2009/09/21Posted by ブクログ

      ◆あらすじ◆
      五十二歳で突如結婚を思いたち、なじみの居酒屋でよく会う独り者に同居を持ちかける蓮子(「夢ふた夜」)。
      かつて歯牙にもかけなかった同僚にほだされる自分に戸惑う八千代(「フレンズ」)。
      人知...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000249537","price":"477"}]

    セーフモード