プワゾン

著:藤堂志津子

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    25歳の恋愛を最後に、ここ10年近く恋をしていなかった。恋は世の多くの女たちが言うほどに素晴らしいものではなく、結婚にしても、ある種のややこしい契約としか考えられない。恋をしなくても、人生の愉しみはたくさんある。むしろ恋への関心を排除してしまったとき、もっと生き易くなる――。さまざまな愛のかたち、結婚を考える傑作小説集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/02/08Posted by ブクログ

      短編10作が収めれている。とりわけ、「ある関係」、題名になっている「プワゾン」、そして「ピアノ・コンチェルト」の3編は私の琴線に響いた。日頃、このような作品を書きたいと願っている身としては大いに参考に...

      続きを読む
    • 2007/07/31Posted by ブクログ

      死んでやる、死にたい、
      こういう言葉を安直に口にする人間は、
      その状況がどうであれ、私には許しがたい卑劣さに感じる。
      ひとはだれでも心のすみに、
      ひっそりと自分の屍体を積み上げている。



      ...

      続きを読む
    • 2014/03/02Posted by ブクログ

      私とは別世界の大人の恋愛話。でもドキドキと切なさは共感できるかな。女は蜜と毒を隠し持つ。どちらが出るか、両方出るか、それともどちらも奥底に隠し持ったままなのか(-_-)藤堂さんの作品がいつも本屋で私を...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000249531","price":"517"}]

    セーフモード