【最新刊】情夫

情夫
1冊

著:藤堂志津子

507円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

「彼は25年ものあいだ、私の情夫だった。同時に私も、彼の情婦だったのだ――」。人生には、結ばれないまま、終わらない恋がある。つきあっていて楽しく、刺激的でさえあればよかった。つまらなくなると、男から遠のいた。すまないといった殊勝な反省心は、これっぽっちもなかった……。恋愛小説の名手が色濃く描く、四半世紀にわたる情事の記憶。

続きを読む

同シリーズ 全1巻

レビュー

3
5
5
0
4
1
3
3
2
1
1
0
  • 2018/10/26Posted by ブクログ

    私自身は恋愛体質ではないので、違う世界の話として楽しめた。 サガンがどこか書いていた「若い女性ではなく、『いつまでもお若い』と言われる世代」に属している女性なら、 共感出来る心の機微が描かれていて面白...

    続きを読む
  • 2018/03/18Posted by ブクログ

    「彼は二十五年ものあいだ、私の情夫だった。同時に私も、彼の情婦だったのだ―」という帯の引用に興味を引かれて読んでみた。タイトル作を含め、40代・50代前半の女性達を主人公に異性や友人との関係を描いた5...

    続きを読む
  • 2013/07/20Posted by ブクログ

    年配の女性の微妙な心理を描いた短編集。 細かな描写がリアルに感じれてその点は面白くもあった。ただ短編なのでいつも尻切れとんぼな感じでした。

もっと見る

セーフモード