頭のいい子は、3歳からの「遊び」で決まる!

著:本田真美

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小学校に入ったら、才能も学力もぐんぐん伸ばせる子になってほしい!そのために、今からできることは何でしょう?本書では、小児発達の専門医が「親子で遊びながら、知能を鍛える方法」をアドバイス。言葉や社会性が発達し、好き嫌いもはっきりしてくる「3歳」からはじめれば、うれしい変化が起こります。著者が提案するのは「認知特性(物事を理解する際の特性)」に合った教育。人の顔をすぐ覚える【視覚優位】/おしゃべり上手【言語優位】/1度聴いた歌をすぐ歌える【聴覚優位】など特性を6タイプに分類、脳の働き方や未発達になりがちな能力について、平易に解説します。さらに、「言語操作性アップしりとり」「音マネで聴覚トレーニング」など家でできる簡単ゲームから、「数と重さに強くなるはかり」「パズルで空間認知」など市販のオススメおもちゃまで、脳の機能をバランスよく育てる効果のある“遊び”を、イラストつきでわかりやすく紹介!

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/17Posted by ブクログ

      本田式認知テストに興味を持って読んだ。ちょっと英才教育の本だから思ったのと違うけど、子供をむやみに怒らずにすむようになりそうだな。子どもの理解になるいいホンダ。


       早期教育、つまり英才教育はポイン...

      続きを読む
    • 2015/03/25Posted by ブクログ

      少し前から認知特性に関心があり読了。
      人間が物事を認知するのには言語優位、聴覚優位、視覚優位、体感覚優位があり、視覚優位のなかでも2次元を得意とするひとや3次元を得意とするひとがいる、などなど。
      面白...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000249483","price":"1100"}]

    セーフモード