【最新刊】オバサンの経済学

オバサンの経済学
1冊

著:中島隆信

1,209円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

【主な内容】序章オバサンとは何か第1章オバサン誕生のメカニズム第2章オバサンの働き方第3章経済人としてのオバサン第4章お母さん、オバサン、おばあさん第5章オバザンとオジサン第6章オバサンに未来はあるか

続きを読む

レビュー

2.3
6
5
0
4
1
3
2
2
1
1
2
レビュー投稿
  • 2018/02/16Posted by ブクログ

    経済学と題するのは適切でない。中島先生の書かれた障害の経済学などは良書だったので、これは残念。
    パリジェンヌはオバサンにならないというコラムもあったけれど、女性がオバサンになるのはそうならざるを得ない...

    続きを読む
  • 2015/08/22Posted by ブクログ

    オバサンを経済学的な視点で解説した本。経済学だからと難しくとらえるのではなく、単純にオバサン解説本と理解したほうがいいと思います。経済学的要素は、リスクが機会、コストという言葉で解説されているという点...

    続きを読む
  • 2010/10/18Posted by ブクログ

    オバサンをかつてこんなにも真面目に分析した本があったろうか…
    硬い文面が読みにくいかも知れないけど、それは経済学なので通常装備。
    オバサンって中庸の存在なんだよ。素晴らしいね!

もっと見る

セーフモード