【最新刊】大相撲の経済学

大相撲の経済学

お得

著:中島隆信

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大相撲の制度を経済学的視点から解き、これらの制度が揺らいできている点を指摘。不足する年寄株、転職に悩む力士など、日本経済が抱える問題の縮図がそこにある。【主な内容】序章大相撲を経済学の視点で眺めること第1章力士は会社人間第2章力士は能力給か第3章年寄株は年金証書第4章力士をやめたら何になる?第5章相撲部屋の経済学第6章いわゆる「八百長」について第7章一代年寄は得か損か第8章外国人力士の問題第9章横綱審議会の謎第10章特殊なチケット販売制度第11章角界の構造改革第12章大相撲から見る日本経済

    続きを読む
    提供開始日
    2014/03/28

    レビュー

    • null巻2017/04/25Posted by ブクログ

      大相撲を経済学からよみとく。経済学を大相撲からよみとくのではない。逆だと思って、経済学の勉強にと思い手にしたが違った。が
      なかなか面白い。
      大相撲の特異性がきちんと論理的に説明されている。

      「力士は...

      続きを読む
    • null巻2008/09/22Posted by ブクログ

      大麻で騒がしいから、とかそういうんではなく、
      今度観戦するからなんとなく読んでみようかな
      と思って借りてきました。この方は○○の経済
      学という本をシリーズとして出しているようで
      す。
      意外に...

      続きを読む
    • null巻2006/11/22Posted by ブクログ

      このような1つの切り口で物事を整理する能力はすばらしい。同じようなことをプロレス業界でできるかな?二番煎じ?

    開く

    セーフモード