【最新刊】海嶺 神尾シリーズ6

神尾シリーズ

北方謙三

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    両親を亡くしたイタリア少年・マリオと暮らすようになり、恵子とともに彼の「親」となることを決意した神尾。だがマリオにはシチリア・マフィアの相続問題が絡んでいた。この決着をつけるべく神尾はマリオを伴い遠くシチリア島へ渡る。刺客たちに狙われながらも、一族の長老であり、祖父であるステファノと対峙する。国際ハードボイルドのシリーズ第六弾。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/03/28
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社/文芸
    ジャンル
    文芸
    • 神尾シリーズ 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      神尾シリーズ 全 6 巻

      3,520円(税込)
      35pt獲得

    レビュー

    • 2008/12/14Posted by ブクログ

      今でこそ歴史小説なんか書いてるけど、北方さんといえばハードボイルド小説の教祖的存在だった。
      「檻」とこの神尾シリーズは若い頃読んだけど、結構影響受けたかな。青かったからね。ハードボイルドに抵抗や嫌悪を...

      続きを読む
    • 2009/04/20Posted by ブクログ

      「地獄にまで、ついてくるのか、おまえ」
      ラストの一言に心臓鷲掴み・・・!!

      また日本じゃないです。
      舞台は中国からウィグルへと向かう奥地。
      神尾が「とりあえず」なんていうほど、先の見通しも立たない仕...

      続きを読む
    • 2009/04/20Posted by ブクログ

      パドレ・・・!
      神尾は、背中で死んでいった子供・洋一をずっと引き摺って生きてきた。
      誰よりも大事な恋人である恵子と、仲の良い友人の付き合いから進まないのも、そのせいだ。
      しかし二人の前に現れたのだ。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード