【最新刊】雀獄島

雀獄島

作画:小松大幹 原作:沢崎麻也

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

冷えるコンクリートの床…。四方を囲む壁…。そして、一台の麻雀卓…。記憶を失った男が目覚めたのは、地下牢だった…。これは、ひとつの事件が起こした壮絶な悲しき物語――。麻雀×密室監禁×謎!!かつてない空前絶後の麻雀ミステリー!!

続きを読む
ページ数
234ページ
提供開始日
2014/04/25
連載誌/レーベル
近代麻雀
出版社
竹書房
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント
  • 雀獄島

    ネットでタイトル買いをしたら、まさかの麻雀コミック。雀獄島の雀は麻雀の雀だったのか…。麻雀わからないなりに読んでみたが、ストーリーはかなりシリアスで、最後のどんでん返しに「えっ⁈」っとなったものの、何...

    続きを読む
  • 雀獄島

    目が覚めると、四方をコンクリートで囲まれた部屋に麻雀卓、生きてそこから出るには各自に出された指令通りに麻雀を打つこと。仕掛け人のじいさんのいかれっぷりがすごい。

セーフモード