伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~

周木律

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    “堂”シリーズはついにここまできたか 解説 村上貴史(ミステリ書評家) 謎の宗教団体・BT教団の施設だった二つの館の建つ伽藍島。リーマン予想解決に関わる講演会のため訪れた、放浪の数学者・十和田只人と天才・善知鳥(うとう)神、宮司兄妹。その夜、ともに招かれた数学者二人が不可能と思われる“瞬間移動”殺人の犠牲となる。秘められた不穏な物語がさらに動く“堂”シリーズ第四弾。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/27Posted by ブクログ

      数学者の講演に招待された宮司兄妹(兄は招待されてないけど)たち。その舞台はBT教団の施設がある伽藍島。そこで起こる不可解な殺人事件。

      毎度のことながら、こんな建物実際にあるのか?!っていう奇天烈トリ...

      続きを読む
    • 2018/03/16Posted by ブクログ

      【あらすじ】
      島と二つの異形建築。""瞬間移動""殺人と謎の教団。新たな""館""本格ミステリ第四弾! 奇跡と不吉の島。""堂""不可能殺人!

      謎の宗教団体・BT教団の施設だった二つの館の建つ伽藍島...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/03/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード