【最新刊】大聖堂の殺人 ~The Books~

堂シリーズ

周木律

1,144円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    解は示された。大人気シリーズ、ついに終幕! 天才数学者が館に隠した時と距離を超える最後の謎。すべての事件を操る数学者・藤衛に招かれ、北海道の孤島に聳え立つ大聖堂を訪れた宮司百合子。そこは、宮司家の両親が命を落とした場所だった。災禍再び、リーマン予想の解を巡り、焼死や凍死など不可解な殺人が発生する。しかし、藤は遠く離れた襟裳岬で講演の最中だった。大人気「堂」シリーズ、ここに証明終了!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/02/15
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 堂シリーズ 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      堂シリーズ 全 7 巻

      6,358円(税込)
      63pt獲得

    レビュー

    • 2016/09/25Posted by ブクログ

      「建築学こそがあらゆる科学の頂点に立つものであり、すべての世界は建築学にかしずく。」という傲慢なポリシーを持つ天才建築学者・驫木煬。
      彼自身がそのすべてを込めて建造した""眼球堂""に招待された数学、...

      続きを読む
    • 2019/03/21Posted by ブクログ

      ー 光…それは、空間と時間を超越した存在。過去、現在、未来、すべての時間を超え、すべての空間と相互に干渉しながら、すべてを照らし出す…

      まさしくこれは、数学そのものよ。その定理は宇宙のどこにいても普...

      続きを読む
    • 2019/03/29Posted by ブクログ

      ー 人類が有史以来続けてきた営みは、まさしく還元の一言に尽きるのだ。生活、争い、そして俗に愛と呼ばれるものに至るまで、これを理解するため人類はあらゆる還元を行った。

      例えば生活とは、人間の生命に対す...

      続きを読む
    開く

    セーフモード