【最新刊】大聖堂の殺人 ~The Books~

堂シリーズ

7冊

周木律

1,144円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    解は示された。大人気シリーズ、ついに終幕! 天才数学者が館に隠した時と距離を超える最後の謎。すべての事件を操る数学者・藤衛に招かれ、北海道の孤島に聳え立つ大聖堂を訪れた宮司百合子。そこは、宮司家の両親が命を落とした場所だった。災禍再び、リーマン予想の解を巡り、焼死や凍死など不可解な殺人が発生する。しかし、藤は遠く離れた襟裳岬で講演の最中だった。大人気「堂」シリーズ、ここに証明終了!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/02/15
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.6
    59
    5
    8
    4
    23
    3
    26
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/27Posted by ブクログ

      数学者の講演に招待された宮司兄妹(兄は招待されてないけど)たち。その舞台はBT教団の施設がある伽藍島。そこで起こる不可解な殺人事件。

      毎度のことながら、こんな建物実際にあるのか?!っていう奇天烈トリ...

      続きを読む
    • 2019/08/23Posted by ブクログ

      数学が理解できたらもっとこのミステリ楽しめるんだろうなぁ。それ抜きにしても、館物として面白いとは思うのだけど。

      ダブルトーラスと呼ばれる館で起こる殺人事件。そして自分が犯人だといいはる流浪の数学者十...

      続きを読む
    • 2019/08/11Posted by ブクログ

      2019年45冊目。シリーズ完結作。思うところはあるけれど、シリーズらしいトリック等、集大成感は出ていた。描ききったことに敬意を表したい。

    開く

    セーフモード