【最新刊】江戸幕府崩壊 孝明天皇と「一会桑」

江戸幕府崩壊 孝明天皇と「一会桑」
1冊

家近良樹

1,026円(税込)
ポイント 10pt

通常ポイント:10pt

薩摩、長州を中心とする反幕府勢力が、武力で倒幕を果たしたという「常識」は本当か。第二次長州戦争は、なぜ幕府の敗北に終わったのか。王政復古というクーデタ方式が採られた理由とは。強烈な攘夷意思をもつ孝明天皇、京都の朝廷を支配した一橋慶喜、会津藩の松平容保、桑名藩の松平定敬。敗者の側から、江戸幕府体制がいかに、そしてなぜ崩壊したかを描き出す。(講談社学術文庫)

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード