【最新刊】パリの猫の一日はとても長い

パリの猫の一日はとても長い
1冊

村上香住子

1,296円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

パリで20年間雑誌の仕事をして、昨年フランスで生まれた、銀次という名の灰色の猫をつれて東京に戻ってきた。離れてみると、パリに対して並外れた思いを抱いていたことに気づいた……ともあれパリは淑女に似ている、というひとがいるが、淑やかな女なら、必ずいくつかの秘密をもっているものだ。たしかに私のみたパリには、この淑女の条件がそろっていたような気がしてならない。――<あとがきより>

続きを読む
提供開始日
2014/03/20
連載誌/レーベル
講談社電子文庫

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード