日本とドイツ 二つの全体主義~「戦前思想」を書く~

仲正昌樹

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二つの「遅れて誕生した」近代国家において、全体主義はなぜ誕生したのか?日独比較のユニークな思想史、「戦前」に焦点を当てた第二弾。戦前思想を問い直し、いまを考える。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/10/31Posted by ブクログ

      前年に出版された『日本とドイツ 二つの戦後思想』の続編だが、発売順ではなく、こちらの新書から読んだ。本書では、第二次世界大戦時に枢軸国側として参戦した日本とドイツが「国民国家」として成立する、1870...

      続きを読む
    • 2006/11/12Posted by ブクログ

      「1870年代頃に西欧的な意味での近代国家を形成し」「国民国家としての統合→帝国主義的拡張」を目指して「西洋近代の超克を目指して全体主義制を構築し、戦争へと突入していった」共通点を持つドイツと日本。

    • ネタバレ
      2011/04/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000245613","price":"726"}]

    セーフモード