【最新刊】なぜかいい町 一泊旅行

なぜかいい町 一泊旅行

1冊

池内紀

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    見知らぬ町の朝は、いいものだ――。ひとり旅の名手である池内紀が、独自の嗅覚で訪ね歩いた、日本各地の誇り高き、十六の小さな町の記憶。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/03/21
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/26Posted by ブクログ

      誰も知っている観光地というわけではない、大都市から便利な立地なわけでもない、むしろなんでこんな町へ?というようなところに出かけていき、地元の人との会話や土着の神社などを巡ったり、小説に出てくる場面を追...

      続きを読む
    • 2013/08/25Posted by ブクログ

      斜里・上川・岩内(北海道)、金山(山形)、登米(宮城)、三春(福島)、大多喜(千葉)、渥美(愛知)、朝日(富山)、木之本(滋賀)、岩美(鳥取)、上関(山口)、津和野(島根)、佐川(高知)、星野(福岡)...

      続きを読む
    • 2011/04/09Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      見知らぬ町の朝は、いいものだ-旅とエッセイの名手である池内紀が、独自の嗅覚で訪ね歩いた、日本各地の誇り高き、十六の町の旅の記憶。

      [ 目次 ]
      北から南へ(フクロウの知恵-斜里町(北海...

      続きを読む

    セーフモード