住宅政策のどこが問題か~〈持家社会〉の次を展望する~

平山洋介

847円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「住」の不平等が拡大している。住宅政策は「普通の家族」だけが恩恵を受ける、経済刺激策のままなのか。独身者や困窮者も含め、多様化する人びとの暮らしを改善できるのか?

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/04/09Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      借家から持家へ、小さな家から大きな家へ、マンションから一戸建てへ…。
      戦後日本では、住まいの「梯子」を登ることが標準のライフコースとされ、政府・企業はこのような「普通の家族」を支援し、そ...

      続きを読む
    • 2011/01/23Posted by ブクログ

      詳しくはブログで書いていますが、他にも2章に書かれていたジム・ケメニーの住宅システム論を用いて日本の住宅システムを相対的に位置づけたり、住宅政策と政治の関係なども非常に興味深かったです。

      住宅・住ま...

      続きを読む
    • 2009/10/24Posted by ブクログ

      私はどうして持ち家に住んでいるのか?

      平山洋介さんは住宅問題を専門に研究なさっている
      神戸大学の教授です。

      今、私がどうして持ち家に住んでいるのか?あるいは
      どうして家を買わねばと思ってしまうのか...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000245598","price":"847"}]

    セーフモード