学歴社会の法則~教育を経済学から見直す~

荒井一博

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「なぜ大卒の給料は高卒の1・5倍なのか?」「働く母と専業主婦のどちらが子どもの学歴を高めるか?」など、ユニークな調査と教育経済学の理論で、受験社会のしくみを読み解く。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/03/28Posted by ブクログ

      教育学研究で従来より問題視されてきた学歴の問題。
      この本は、そんな問題に焦点を絞り、
      経済学の視点からその問題の本質を明らかにしてくれる。
      教育学者は往々にして経済学的な視点に疎いところがあるので、
      ...

      続きを読む
    • 2011/07/13Posted by ブクログ

      教育学×経済学 
      学歴ってどんな人にも関わりあるのですよねー。日本に限って言えば。
      だから身近に切実に感じる内容かもしれませんねー。
      結構砕いてあるので,経済学に興味を持てるかもです?
      後半は,まあ,...

      続きを読む
    • 2008/05/29Posted by ブクログ

      とても分かり易い教育経済学の紹介。
      新書だけに、深くつっこむことはないが、経済的見方を教育に導入しようという人はまずこれを読むと良い。
      拒否反応を起こさずに受け入れられると思う。

    開く
    [{"item_id":"A000245586","price":"726"}]

    セーフモード