【最新刊】神様の休日 ~僕らはまためぐり逢う~

神様の休日 ~僕らはまためぐり逢う~
1冊

著:岡本貴也

1,209円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

あの日、僕はすべてを失った。生きるために、青年が選んだのは復元納棺師となって死と向き合うことだった。実在の復元納棺師をモデルにした真実の物語。定職につかず漁港で働いていた22歳のフリーターの彰紀は、前向きで明るい地元の美容師・えり奈と出会い付き合い始める。初めて大切なものを見つけた彼は、周囲の反対を押し切りえり奈と結婚。家族を守るために必死に働き出す。長男も生まれ、二人目の出産を控えた幸せの最中、東日本大震災が起こる。長期間の漁のため、船に乗っていた彰紀が初めて次男を抱いたのは、泣くことも、笑うこともできない冷たくなった我が子だった。すべてを失った彼は、故郷を離れ、ひとり死ぬことを考える。死ぬこともできなかったある日被災地でボランティアとして働いている復元納棺師の存在を知る。死ぬ前に、自分にはできることがあるかもしれない、と弟子入りをお願いするが……。震災も、失った家族のことも忘れる必要なんてない。「助けてあげられなくてごめんね」と後悔だらけだった日々から一歩踏み出した青年の物語。

続きを読む

レビュー

3.8
12
5
4
4
5
3
1
2
1
1
1
  • 2017/11/23Posted by ブクログ

    仕事が長続きせず、文句ばかり言ってすぐに人を殴るような男が主人公。実話を元にしているとはいえ、嫌だなぁ、と思いながら前半を読みました。後半は、震災で妻と息子を亡くした彰紀の深い哀しみが胸に迫ります。公...

    続きを読む
  • 2017/11/01Posted by ブクログ

    3,11の震災を扱った小説は数多く出たけれど,この本はとても良かった.震災を抜きにしても,幸せな家族に憧れながら遠くから眺めていた僕に力強く手を差し伸べたえり奈が輝いていました.実話が本とのこと,本当...

    続きを読む
  • 2017/09/17Posted by ブクログ

    感想を書くことすら躊躇われる、そんな本でした。 東日本大震災。 神様の休日。 腫れぼったくなった目は、無責任に明日には元に戻っているかもしれないけれど、この意味を感じることだけはせめて、出来れ...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード