【最新刊】マネーの動きで見抜く国際情勢 経済メカニズムの“ウラ・オモテ”

マネーの動きで見抜く国際情勢
1冊

著:岩本沙弓

730円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

甦ったアメリカの金融資本主義が日本の資産を襲う!プロのディーラーが見たイラク戦争、サブプライムローン、ギリシャ・ユーロ危機……。その次に来るものとは何か?世界情勢を巡る数々の事件で莫大な利益を手にしているのは誰か。覇者達はあの手この手で搾取を目論んでいる。彼らの思惑を見破るには、「誰が得をしているのか」という国際情勢のB面を探ればよい。次々と明らかにされる衝撃的な国際情勢の裏側と各国の思惑。次の標的となるのは莫大な日本資産かもしれない。我々の財産を守る術はあるのか?

続きを読む

レビュー

4.4
7
5
3
4
4
3
0
2
0
1
0
  • 2015/12/21Posted by ブクログ

    レーガン政権では、ミルトン・フリードマンが非公式な経済顧問を務めて、小さな政府を推進した。それが中曽根政権に受け継がれて、NTT、日本たばこ、JRが民営化された。 金兌換が停止された1971年からユ...

    続きを読む
  • 2013/11/09Posted by ブクログ

    すばらしい! 本書にあるA面、B面という考え方。これに近い思考は持ち合わせていたが、各事象に対してここまでせまれる見識も経験も持ち合わせていないために非常に新鮮な捉え方であった。 陰謀論と紙一重では...

    続きを読む
  • 2013/07/30Posted by ブクログ

     表だけしか見れない日本国民と裏の存在を見て見ぬふりをするマスコミ連中。やらねばならない何事かを詳しく解説された一冊。  あまりう期待していなかったけれど過去の同様な本に比べ自分の欲しい情報がふんだ...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード