【最新刊】地球200周! ふしぎ植物探検記

地球200周! ふしぎ植物探検記
1冊

著:山口進

749円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

世界一大きく、世界一臭く、七年に一度咲き二日でしおれるショクダイオオコンニャク(インドネシア)。その存在は伝説として知られていたものの、現地での撮影に成功した者は世界でわずかしかいない。その中の一人が、自然写真家として地球200周分の撮影旅行を重ねてきた著者である。本書にはこの花の貴重な写真のほか、土のなかで咲くラン(リザンテラ・ガルドゥネリ)、メスバチそっくりの唇弁を垂れ下げハチと「交尾」するラン(スリッパー・オーキッド)など、進化の極みともいうべき植物を紹介。あまりにも不思議な進化を遂げた理由、巧みな花粉の送粉システムにも迫り、美しくも深遠な世界を満喫する。

続きを読む

レビュー

3.3
3
5
0
4
1
3
2
2
0
1
0
  • 2015/03/31Posted by ブクログ

    ショクダイオオコンニャクやラフレシア、珍しいランなどなどを全12章にわたって、それらを求めて行った探検の様子から送受粉のしくみまでをわかりやすく解説したエッセイ。淡々と、なんでもないように珍しい植物と...

    続きを読む
  • 2011/06/24Posted by ブクログ

    「ジャポニカ学習帳のひと」と聞いて何人の方がピンとくるでしょうか。 あの表紙の写真をひとりで撮り続けているのが本書の著者。 奇妙な植物たちの巧妙な生き残り戦略の解説もさることながら、撮影に至るまでの苦...

    続きを読む
  • 2011/03/18Posted by ブクログ

    ショクダイオオコンニャクやラフレシア、蘭に興味のある方はぜひ読んでみてください!筆者が何年も自生地で観察した植物の野生本来の良さが表現されている一冊。

セーフモード