古風の研究

著:山崎武也

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時代の先端を切って革新的なことをしている人や組織は、常に世の脚光を浴びてもてはやされている。古くなったものには飽きるという性向が、人間にはある。しかし、古いものに対しては心の落ち着きを感じる。人間は生きていくという最も基本的な部分においては、食べて寝ることを繰り返している。繰り返しは、人間の宿命である。激動の世界であるといわれて、知らないうちに「変化」はよいことであるという錯覚に陥っているが、人間の行動様式に関しては、古いものにはそれなりの存在理由がある。本書には、「古きを温ねて新しきを知る」ような、人生を豊かにしていくヒントがちりばめられている。人はいま、古風を見直すべきである。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/12/07Posted by ブクログ

      以前に購入した本だが、思い立って読み返してみた。
      現代社会では、ともすれば時代に合わない、昔の悪習だという事柄が紹介されているが、いずれも先人が知恵を出し合って習慣として来たものが多く、見直すべき価値...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000245297","price":"1200"}]

    セーフモード