【最新刊】金融読本(第29版)

金融読本(第29版)
1冊

著:島村高嘉 著:中島真志

1,987円(税込)
ポイント 19pt

通常ポイント:19pt

<b>※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</b>初学者でも読めばわかる、累計42万部のロングセラー、金融テキストの決定版の2014年最新改訂版です。日本の金融業の現状、金融をめぐる制度、戦後の金融の歴史をバランスよく解説している点が特色。リーマン・ショックから世界金融危機以降に導入された新たな金融規制や、アベノミクス、「異次元の金融緩和」など、最新の動向についてもくわしく解説しています。数式はまったく出てこないので、数学が苦手で金融理論の勉強をあきらめた読者でも、最後まで難なく読み通すことができます。数学が苦手な学生を対象とした講義でも、非常に使いやすいテキストです。【主な内容】第1章金融とはどういうことか第2章金融業務第3章金融機関第4章金融市場と金利第5章デリバティブと証券化第6章企業金融と消費者金融第7章資金循環第8章決済システム第9章金融政策第10章プルーデンス政策第11章金融制度の改革第12章外国為替第13章国際金融

続きを読む
ページ数
375ページ
提供開始日
2014/03/28

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
  • 2018/12/14Posted by ブクログ

    日本の金融機関から金利、金融政策、国際金融まで、幅広い話題を、平易に、簡潔にまとめてくれている。金融について勉強する際の入門書として優れた本。

セーフモード