考えるとはどういうことか

著:外山滋比古

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    外山流・思考術の集大成がここに「知識と思考は反比例の関係にある」。経験を軽視し、自分の頭で考えることが苦手になった日本人が自由思考を手に入れるためには?超ロングセラー『思考の整理学』の著者が提案する発想のヒント。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/03/11Posted by ブクログ

      人間の思考において大切なことー多面的な視点、経験、選択の見極めー納得しながら読み進めました。また、日本語の曖昧な表現方法から説いた民俗論も興味深いところ。海外文学が建築的表現に対し、日本の俳句、短歌は...

      続きを読む
    • 2012/11/25Posted by ブクログ

      「日本語は彫刻的、ヨーロッパ言語は建築的」という説明が面白かった。
      ブログで記載 http://blog.livedoor.jp/saizyu/archives/20382706.html

    • 2012/06/11Posted by ブクログ

      知識と思考は反比例の関係。知識が増えるほど思考は弱体化し、知識の乏しいものは思考力をつよく発揮できる。
      今やインターネットにより情報反乱している。つまり知識は簡単に手に入る。その結果我々の思考能力は弱...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000245145","price":"880"}]

    セーフモード