相続財産を守りたければ不要な土地は片付けなさい

著:小池誠一郎

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    都市近郊の土地持ち相続の新常識面積にこだわり続けると三代先まで財産を残せない大増税時代を目前に控え、地主の頭を悩ませる相続の問題。特に深刻なのが、かつて都市近郊で農業を営んでいて広大な土地を有している地主の方です。先祖代々農業を営んできた地主の方が、相続対策に踏み切れない原因の一つとして、土地を手放すことへの後ろめたさがあります。しかし、有効活用が見込めない土地をいつまでも有していることは、財産を残せないどころか、代々続いてきた大切な「家」を失いかねない深刻な問題に発展する恐れすらあるのです。地主の方を悩ませる貸宅地や有効活用がしづらい土地など、相続対策に効果的な“不要な土地の片付け方”を伝授します。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード