法律の使い方

著:柴田孝之

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    条文や判例の知識は学んだけど、法律を自分のものとして使いこなせない。数多くのこんな素人を玄人に成長させるための入門講義。『司法試験機械的合格法』(日本実業出版社)や『S式生講義シリーズ』(自由国民社)など、誰でもわかる説得力ある解説で名高い著者が最も学びにくい法律学の勘所を書き下ろした。法律学は生きている!そう腹の底から実感できる。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    4
    5
    2
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/01Posted by ブクログ

      大学等の法学教育ではなかなか教えてくれない、法律による事件解決の方法、すなわち「法律の使い方」を学ぶための本。法律の知識と実践との間にできたすき間を埋める技術・知恵を解説。法律を実際に使う上での、いわ...

      続きを読む
    • 2012/05/16Posted by ブクログ

      法律学を学ぶ上で学び方の指針になる本です。
      大学の法学部に入学したらまず手元に置いて読んでほしい本です。もっと早くこの本に出合えればよかった。

      法律はなぜ必要かといった根本的なテーマから、法律の論文...

      続きを読む
    • 2009/02/16Posted by ブクログ

      090216購入。090308読了。
      法律の知識と実践との間にできた隙間を埋める技術
      <法律的な論理の組み立て方>
      ?結論から考える
      ?条文から考える
      【リーガルマインド】
      事件処理に当たって重要なこ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード