【最新刊】日本の財政 再建の道筋と予算制度

日本の財政 再建の道筋と予算制度
1冊

著:田中秀明

788円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    成長戦略だけでは“破綻”は回避できない。GDPの2倍、1000兆円を超えた日本の借金。成長戦略による国家破綻回避論は絶えないが、1990年代の財政悪化から20年余、好況時にも財政赤字は拡大した。経済成長による税収拡大はわずかに過ぎない。幾度となく財政再建が試みながらも、なぜ日本は失敗し続けるのか。本書は、特に予算制度に着目し、財政再建に成功・失敗した先進10ヵ国の事例を繙き、その根源的問題を指摘、日本の財政再建の道筋を提示する。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/18
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    4.6
    10
    5
    7
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/08Posted by ブクログ

      誰しもが思う日本の財政赤字について、元官僚&元民主党のブレーンの立場から論じた作品。
      諸外国の財政赤字の歴史や状況についても書かれていて、財政赤字のことを概観できる。


      逆にここまで書かれていて、な...

      続きを読む
    • 2016/02/03Posted by ブクログ

      これは良書です。元財務官僚が財政について相当な問題意識を持って書いています。政治、官僚それぞれの問題を指摘したうえで、政治家のコミットとその前提となる国民のコンセンサス醸成の重要性と、テクノクラートと...

      続きを読む
    • 2015/11/16Posted by ブクログ

      【目次】
      はじめに [i-vii]
      確実に高まってきたリスク/経済成長だけでは解決できない

      第1章 財政悪化の軌跡――危機を深めた二〇年 003
      1 バブル崩壊後の公債依存――継続する財政法違反 ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード