【最新刊】教員採用のカラクリ 「高人気」職のドタバタ受験事情

教員採用のカラクリ 「高人気」職のドタバタ受験事情

著:新井立夫/著:石渡嶺司

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現在も人気のある教員。いざ挑戦するとなるといくつもの困難が。マニアックなご当地問題が出る筆記、熱血漢が敬遠される面接、演技力勝負の場面指導、切り抜ける裏技とは。教員免許を取るべき教科は?就活との両立は可能?といった「損得勘定」の観点で聖職のタブーに挑む。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/18
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    レビューコメント(13件)
    • 教員採用のカラク...2013/11/23Posted by ブクログ

      大学に入学した後、最初に迫られる職業選択は「教職課程を履修するか」だろう(僕は選択を迫られない学部学科だったけれど)。あるいは高校生のときにすでに教育学部を選択して大学に入学する人もいる。

      ただ、本...

      続きを読む
    • 教員採用のカラク...2014/01/03Posted by ブクログ

       教員試験についての裏側をバッサリ書いている。読んでいて、ニヤニヤが止まらなかった。
       意外に教員を考えている高校生向けなのかなと思える。

       結構、「現実」っぽいことも書いてあるし、教員考えている人...

      続きを読む
    • 教員採用のカラク...2014/04/20Posted by ブクログ

      面白かった。採用の流れは大体そんな感じである。真面目な学生は採用試験の疑似体験としてお勧めの本である。

    開く

    セーフモード