西洋の書物工房

貴田庄

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私たちは、いま手にしている書物の「物」としての素材や形態の変化について、どれだけ知っているだろうか。製本と装丁の本場、パリで学んだ著者が、本を成立させる各部の起源と変遷を辿る。西洋の書物史がすべてわかる、愛書家垂涎の一冊。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/07/18Posted by ブクログ

      知りたくても知ることのできなかった内容がたくさん含まれていて、目から鱗。例えば、パーチメントとベラムの違いがわからず、今までモヤモヤしてたけど、この本でスパッと解決!素晴らしいです。

    • 2014/03/20Posted by ブクログ

      西洋の書物の歴史を、読みながら改めて整理する。

      どんなものでもそうだけれど、そのものがその形になるには
      必ず、意味と、そのかたちに至った段階的な経緯がある。
      私は本に興味があるので、本の発展の経緯を...

      続きを読む
    • 2014/05/06Posted by ブクログ

      パピルスと今の紙の間に、どんな素材があったのか。本の綴じ方は。そもそもどこからどこまでが「本」なのか。このところ俗にいう電子書籍をよく買うけれど、資料として持っておくにはよいが読みにくいし読みたいとい...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000245082","price":"1210"}]

    セーフモード