刻刻 8巻

完結

堀尾省太

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

貴文(たかふみ)の奇襲で、致命傷を負ったかに見えた佐河(さがわ)。しかし身体の多くを失いながら、彼はまだ人間として生きていた。神ノ離忍(カヌリニ)の力を借り、凶器と化した佐河の身体が、樹里(じゅり)たちに牙を剥く。異形のモノが跋扈する、時が止まった世界。長きにわたる戦いの行方は――!?

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.9
11
5
4
4
4
3
1
2
2
1
0
  • 2018/11/25Posted by ブクログ

    なんだか、終わってしまった。 ほのぼのと。 この終わり方も予想外。 不思議な世界をのぞかせてくれた作品だ。 著者の名前、堀尾省太さん。 覚えておこう。

  • ネタバレ
    2018/07/07Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2018/03/08Posted by ブクログ

    貴文の奇襲で、致命傷を負ったかに見えた佐河。しかし身体の多くを失いながら、彼はまだ人間として生きていた。神ノ離忍(カヌリニ)の力を借り、凶器と化した佐河の身体が、樹里たちに牙を剥く。異形のモノが跋扈す...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード