滅亡へのカウントダウン(上)

アラン・ワイズマン

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    4日半ごとに100万人の割合で増加し続ける人口は、地球環境にいかなる影響を及ぼすのか?少子高齢化のなかで繁栄を保つ日本を始め20余カ国で徹底取材。『人類が消えた世界』を超える傑作福岡伸一氏絶賛!「地球が扶養できる生物の数には限界がある。こと人間の数に関しては、すでに、はるかに限界を超えている。過剰な水素が一気に爆発するように、カタストロフの日は近い。そのとき地球に何が起きるのか。そうならないため今できることは?本書の中にその答がある」人口が地球の収容限界を超えるとき、いったい何が起きるのか?世界的ベストセラー『人類が消えた世界』の著者が放つ衝撃のレポート。すでに70億人に達し、今世紀中には100億人を超えると予想される世界人口。4日半ごとに100万人の割合で増え続ける人類は、地球環境にいかなる影響を及ぼしているのか?加速する温暖化、続発する異常気象、生物多様性の喪失――こうした環境問題の根本に過剰な人口があるのだとしたら、すべての文化圏に属する人が納得できる人口抑制の方法はあるのだろうか?さらに、絶え間ない人口拡大と成長に依存しない新しい経済システムを設計することは可能なのか?果たしてわれわれは、今後も存続していくことができるのだろうか?世界的な環境ジャーナリストが中国、ニジェール、インド、ヴァチカン、日本など20余カ国を旅しながら考える。人口学者、生態学者、経済学者、宗教指導者ら、あらゆる人々の肉声から見えてくる未来とは?人類が直面する今世紀最大の問題に迫る必読のノンフィクション。(序文「日本の読者へ」を特別収録)

    続きを読む
    • 滅亡へのカウントダウン 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      滅亡へのカウントダウン 全 2 巻

      3,960円(税込)
      39pt獲得

    レビュー

    • 2014/01/05Posted by ブクログ

      新年早々、なかなか刺激的なタイトルだが、陰謀論めいた話でもなければ、悲観論のみに終始した内容でもない。

      新しい年を迎えると、人は「おめでとう」と言う。友人や知人に赤ちゃんが誕生しても「おめでとう」と...

      続きを読む
    • 2014/04/30Posted by ブクログ

      1992年の地球サミット、国連環境開発会議では「気候変動枠組条約」「生物多様性条約」やアジェンダ21など持続可能性に関わる5つの重要な合意がなされた。しかし、例えばアジェンダ21では「人口動態と持続可...

      続きを読む
    • 2014/04/30Posted by ブクログ

      本書の日本語版でアラン・ワイズマンは日本を訪問した21カ国の中で特に重要な国として取り上げている。先進国で初めての人口減に苦しみ、そしておそらく最初に少ない人口への移行を完成させる国だからだろう。ちな...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000241859","price":"1980"}]

    セーフモード