守備の極意(下)

チャド・ハーバック/土屋政雄

2,475円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    シュウォーツとの猛特訓の結果、第三学年のシーズンが始まるころには、ヘンリーはウェスティッシュ大学はじめてのメジャーリーグのドラフト候補になっていた。打撃の腕をメキメキと上げ、守備でも、憧れのアパリシオ・ロドリゲスのもつ連続無失策の全米大学記録にあと一試合まで迫っていた。しかし肝心の試合で、なんでもないショートゴロを捕まえたその後の送球が、彼の周囲の人々―シュウォーツ、オーエン、アフェンライト学長、ペラ―の人生を一変させる。もちろん、ヘンリー自身の未来をさえ…。『ニューヨーク・タイムズ』ベストセラー!今世紀最高のデビュー作。

    続きを読む
    • 守備の極意 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      守備の極意 全 2 巻

      4,950円(税込)
      49pt獲得

    レビュー

    • 2014/05/30Posted by ブクログ

      2年前に原書で読んで、今回は訳書で再読。
      再読すると、アパリシオの『守備の極意』が小説全体のテーマになっていることに(ようやく)気づいて、「ああ!」となる。この「守備の極意」の文章、冒頭の練習場面の文...

      続きを読む
    • 2014/05/30Posted by ブクログ

      下巻は、やっぱりヘンリーの苦しみがあまりにも深すぎてつらい。そういえば、『Dive!』(森絵都)の沖津飛沫も彼女のところに引きこもってたっけな。でもせめてなんか食べようよ。
      このヘンリーとシュオーツの...

      続きを読む
    • 2017/12/13Posted by ブクログ

      上巻前半はどんどん成長していく気持ちいい物語やけど、途中からズブズブのドロ沼に。それも、誰も悪くない、自分がプレッシャーに負けてるだけっていう、なおさら救いのないドロ沼。しかも男女のゴタゴタからそうじ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000241841","price":"2475"}]

    セーフモード