日本が世界一「貧しい」国である件について

谷本真由美(@May_Roma)

880円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ロンドン在住、元国連職員の著者が見た「日本は世界でかわいそうな国だと思われている」という現実。若者の自殺、「社畜」的働き方、「人付き合い地獄」の社会、「みんなで不幸になろう」という足の引っ張り合い、グローバル人材なんて育つはずもないおかしな教育、何でも人任せで自分で考えない「クレクレ詐欺」。空気を読み過ぎて「セルフ洗脳」に陥る日本人たちの「貧しさ」を、世界の現実と対比させながら問いかける。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2013/04/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/03/30Posted by ブクログ

      前作『ノマドと社畜』もとても参考になったが、本書の内容も非常に示唆的だった。特に、中高生以上や、子育てをしている人々が、考慮しなければならない視点が多くあると感じた。本書は、極めて現実的なキャリア教育...

      続きを読む
    • 2013/11/26Posted by ブクログ

      2013年11月22日読了。Twitter上の有名人めいろま女史が2012~2013年に出した数冊の本のうち一つ。いかにも反発したくなるタイトルだが、原発事故をいつまでたっても解決できず、何事にも誰も...

      続きを読む
    開く

    セーフモード