【最新刊】虹の谷のアン 赤毛のアン (7)

青い鳥文庫 赤毛のアン

L・M・モンゴメリ/村岡花子/HACCAN

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大人気の「赤毛のアン・シリーズ」第7弾! アンとギルバート、その6人の子どもたちが住んでいるグレン・セントメアリ村に、新しい牧師の一家がやってきました。読書が大好きなメレディス牧師は、妻をなくしたばかりで夢想がちな人でした。そして、その四人の子どもたちは、ちょっぴり奇抜なところがあって……。 さあ、小さな村に今度はどんな事件がおこるでしょうか。大人気「赤毛のアン・シリーズ」第7弾! アンとギルバート、その6人の子どもたちが住んでいるグレン・セントメアリ村に、新しい牧師の一家がやってきました。読書が大好きなメレディス牧師は、妻をなくしたばかり、夢想がち。そして、その四人の子どもたちは、ちょっぴり奇抜なところが……。 さあ、小さな村に今度はどんな事件がおこるでしょうか。<世界の名作 小学上級から 総ルビ>

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/15
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 青い鳥文庫 赤毛のアン 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      青い鳥文庫 赤毛のアン 全 7 巻

      5,005円(税込)
      50pt獲得

    レビュー

    • 2011/04/03Posted by ブクログ

      小1と年中への読み聞かせには少し分量が多く話が難しいのではないかと心配しながら読み始めましたが、一日分にちょうどよい分量で章が細かく分かれていることと、今のアニメ風の挿絵がとっつきやすさを増しているこ...

      続きを読む
    • 2016/03/21Posted by ブクログ

      ・アンはちいさいときに、おとうさんとおかあさんがなくなってしまったんだけど、こじいんでいろんなつらいことがあっても、明るく元気に生きる女の子です。
      ・主人公のアンが、マシュウから、そでがふんわりとした...

      続きを読む
    • 2015/01/04Posted by ブクログ

      アンの言葉遣いはアンならではで、バイポーラな心が小説の雰囲気を次々とホイホイ変えていくモンゴメリーの作風が大好きです。男性としてあまり見ることのない女子側の悩みや困難、日々の楽さなどの感情を誰でも読み...

      続きを読む
    開く

    セーフモード