【最新刊】アンの娘リラ 赤毛のアン (8)

青い鳥文庫 赤毛のアン

L・M・モンゴメリ/村岡花子/HACCAN

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「アン一家のお話」のラストも、愛と感動がいっぱい! アンの子どもたちは成長し、末娘リラは15歳。そんなしあわせなアン一家にも、第一次世界大戦の影がしのびより、兄たちは戦争へ、そして、リラが思いをよせていたケネスもそれに続き……。大きな不安や悲しみ、さまざまな試練がふりかかる中でも、希望を胸に明るく成長していくリラ。そして、戦争がおわってまもないある日、玄関のベルがなり、ドアをあけたリラの前に立っていたのは……。大人気「赤毛のアン・シリーズ」第8弾! <世界の名作 小学上級から 総ルビ>

    続きを読む
    提供開始日
    2020/10/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 青い鳥文庫 赤毛のアン 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      青い鳥文庫 赤毛のアン 全 8 巻

      6,105円(税込)
      61pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(22件)
    • 青い鳥文庫 赤毛...
      2011/04/03

      小1と年中への読み聞かせには少し分量が多く話が難しいのではないかと心配しながら読み始めましたが、一日分にちょうどよい分量で章が細かく分かれていることと、今のアニメ風の挿絵がとっつきやすさを増しているこ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 青い鳥文庫 赤毛...
      2016/03/21

      ・アンはちいさいときに、おとうさんとおかあさんがなくなってしまったんだけど、こじいんでいろんなつらいことがあっても、明るく元気に生きる女の子です。
      ・主人公のアンが、マシュウから、そでがふんわりとした...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 青い鳥文庫 赤毛...
      2015/01/04

      アンの言葉遣いはアンならではで、バイポーラな心が小説の雰囲気を次々とホイホイ変えていくモンゴメリーの作風が大好きです。男性としてあまり見ることのない女子側の悩みや困難、日々の楽さなどの感情を誰でも読み...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード