【最新刊】鉄の骨

鉄の骨

池井戸潤

921円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中堅ゼネコン一松組の若手、富島平太が異動した先は、「談合課」と揶揄される、大口公共事業の受注部署だった。今度の地下鉄工事を取らないと、ウチが傾くぞ――たしかな技術力を武器に、真正面から入札に挑もうとする一松組の前に、「談合」の壁が立ちはだかる。組織に殉じるか、正義を信じるか。吉川英治新人賞に輝いた白熱の人間ドラマ!(講談社文庫)

    続きを読む
    提供開始日
    2014/03/14
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2011/11/19Posted by ブクログ

      「風車に向かっていくドンキホーテみたいなものかもしれない。だけど結局のところ,そうやって地道に進めていくしかないんだよ。お前が何で業務課に配属されたかしらないが,それが俺たちの仕事なんだ。俺たちは,雑...

      続きを読む
    • 2011/12/20Posted by ブクログ

      ストーリーの基軸にはゼネコン業界の談合が何故なくならいのかといった、ある意味では社会の縮図を描いたような内容なのに、相変わらず読みやすくて分かり易い作品として仕上がっている。要素的にも違法である談合を...

      続きを読む
    • 2020/01/03Posted by ブクログ

      最初にこの作品を知ったのは、昔NHKで放映されてたドラマ。小池徹平さん主演で、なんとなく覚えていたはいましたが、あまり覚えていなく、主題歌の印象が強かったです。
      その後、小説を読もうかなと思いましたが...

      続きを読む
    開く

    セーフモード