時刻表復刻版 1961年10月号

JTBパブリッシング

1,629円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国鉄監修・交通公社の時刻表1961年(昭和36)10月号全ページを収録。後に「さんろくとお」と呼ばれる10月1日のダイヤ大改正を掲載しています。急行倍増・特急3倍増と呼ばれ、この改正により全国に特急網が形成されました。全国の特急が18本から52本、急行が126本から226本、準急が400本から448本と大増発されています。1964年(昭和39)年10月1日東海道新幹線開業の前では、最大のダイヤ改正でした。この頃から特急列車は特別な存在ではなくなり、料金さえ払えば誰もが利用できる大衆列車としての道を歩み始めました。当時の定価は150円。別冊付録「ポケット時刻表」も収録しています。※当時の雰囲気も楽しめるよう、広告ページも収録しています。そのため、オリジナルと電子版目次のページ表記にズレが生じています。ご了承ください。※本書は、(株)JTBパブリッシング発行の時刻表復刻版戦後編・1(1999年12月1日発行)のなかから1961年10月号を抜粋し、電子化したものです※訂正表も収録しています※当電子書籍はファイル容量が大きいため、ダウンロードやダウンロード後の動作に少々時間を要することがございます。あらかじめご了承ください。※当電子書籍は底本が古いため、索引地図等、一部読みづらい個所がございます。あらかじめご了承ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード