【最新刊】もんじゃの社会史 東京・月島の近・現代の変容

もんじゃの社会史 東京・月島の近・現代の変容

1冊

著:武田尚子

2,160円(税込)
1%獲得

21pt(1%)内訳を見る

    月島を代表する文化=もんじゃを題材にして、下町とウォーターフロントの両面をもつ月島の発展の歴史を描き、いまの商店街の経営者たちのネットワークや働く女性たちのたくましさ、伝統に固執せずにしなやかに「時代」と向き合い進化する下町のローカル文化を照らす。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    215ページ
    提供開始日
    2014/03/21
    出版社
    青弓社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/06/13Posted by ブクログ

      まわりの関西人は怒られそうだけど、僕はお好み焼きより断然もんじゃ派なんです。
      しかし恥ずかしながら月島には行ったことがない。近いうちにぜひ行きたいと思うんですが。

      早稲田大で地域社会学、人口社会学を...

      続きを読む

    セーフモード