日本エロ写真史

著:下川耿史

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本に伝来するや写真機は男の欲望をレンズに映し、女の裸体像に時代を刻印してきた。ジャポネスクの芳香ただよう幕末・明治からエロ文化大爆発の戦後まで、歴史の背後に隠されたエロ写真の全貌を発掘して集成した性風俗写真史の傑作。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/01/31Posted by ブクログ

      エロは表面に出てこない欲求がある。
      明治初期から、写真機で短時間に撮影できるようになり、モデルは芸者(半玉)など。ただし、カメラはかなり高額(年収の数十年分)。戦後頃までの記録を調査研究している。
      ...

      続きを読む
    • 2011/10/23Posted by ブクログ

      ヌード写真に興味を抱いていた頃に読んだ本。

      タイトルそのまんまの本です。
      日本に写真機が伝来され、大奥の女達を撮った写真から6~70年代のエロ本大量出版の時期と、結構面白く読めます。
      アイコラならぬ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000231611","price":"2200"}]

    セーフモード