【最新刊】族の系譜学 ユース・サブカルチャーズの戦後史

族の系譜学 ユース・サブカルチャーズの戦後史

1冊

著:難波功士

2,860円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    太陽族からみゆき族、暴走族、アンノン族、クリスタル族などの「族」の系譜をたどり、オタク、渋谷系、コギャル、裏原系へという「族から系への転換」を見定めて、若者文化の変容を照らし出す戦後史。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    407ページ
    提供開始日
    2014/03/21

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/01/22Posted by ブクログ

      戦後のワカモノカルチャーを太陽族からみゆき族、暴走族からチーマー、裏原宿に棲息する人物、インターネットカルチャーに至るまで丹念に分析・紹介をしている書物。学術的。特に自分が記憶しているシブヤ系やチーマ...

      続きを読む
    • 2012/05/09Posted by ブクログ

       本書ではOO族の歴史が年表のように読み進めていくことができる。社会的背景、きっかけ、メディアの存在...複合的な要因から族が発生していることがよくわかった。
       サブカルチャーを雑誌等で勉強してまでも...

      続きを読む
    • 2012/05/07Posted by ブクログ

      戦後日本における、ユース・サブカルチャーの変遷。最初に、アメリカ、イギリスにおけるユース・サブカルチャーの方法論などを紹介し、それを採用して日本にほけるユース・サブカルチャーを分析していく。まぁ、おも...

      続きを読む

    セーフモード