児童虐待と動物虐待

著:三島亜紀子

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「児童虐待は世代間で繰り返される」「動物虐待は少年犯罪の兆候」などの言説群を導きの糸として児童虐待と動物虐待の歴史的背景をさぐり、虐待防止をめざす社会政策が専門家のリスクコントロールを称揚し、その結果人々の〈自由〉に介入している現状を読む。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/12/13Posted by ブクログ

      児童虐待と動物虐待、またその二つの関連を取り扱った一冊。

      海外での保護の動向と同時に日本での保護制度についても判りやすくまとめている。また、子供・動物の保護現場の視点からではなく、メディアや受け取ら...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000231506","price":"1760"}]

    セーフモード