【最新刊】自殺した子どもの親たち

自殺した子どもの親たち

1冊

著:若林一美

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    わが子の自殺によって身を砕く衝撃と悲嘆におそわれ、絶望の淵に立たされる親たち-。逃れられない冷厳な事実と向きあい、のこされた者としてどう生きるのかを模索する真摯な体験記を交えて、自殺の意味と死別の影響を考える。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    203ページ
    提供開始日
    2014/03/21

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/12/30Posted by ブクログ

      人間だから自ら死を選ぶこともあるが、果たしてそれでいいのか。しかし生きていくことがつらいこともある。正直、私も早く死にたいのだ。

    • 2008/04/13Posted by ブクログ

      烏兎の庭 第三部 書評 2.3.06
      http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto02/bunsho/suppery.html

    セーフモード