公文書をつかう 公文書管理制度と歴史研究

著:瀬畑源

2,860円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国民共有の知的資源である公文書。知る権利や説明責任を保障し、記憶や記録を未来に伝えていく必要性が求められているいま、二〇一一年に施行された公文書管理法の制定過程をていねいに検証し、公文書利用者・歴史研究者の立場から公文書管理制度の今後を展望する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/10/31Posted by ブクログ

      公文書管理法が施行されるまでの制作過程を歴史的に検証した図書。公文書管理法の解説から現在(2011年)の課題までを解説している。課題では司法文書や立法文書の公開、アーキビストの養成、地方公共団体にある...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000231492","price":"2860"}]

    セーフモード