「感情」をなくす子どもたち

著:青木信人

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「教育」という制度の呪縛の中で生き生きとした感情を枯渇させ、命を削っていく子どもたち。いじめから殺人まで、多発する少年犯罪を通し、カプセル化した社会に浮遊する子どもたちの現在を測定する。-再び、他者としての子どもと出会うために。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/02/07Posted by ブクログ

      犯罪に手を染め、他者を襲撃する子どもたちの過去を追っていくと浮かび上がってくる児童虐待。自分を受け入れてもらえず、居場所をなくした子どもたちがどういう人生を辿ったか。様々な実例を紹介し、分析する。

    [{"item_id":"A000231461","price":"2200"}]

    セーフモード